一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

[6日目]marginとpaddingでコーディング[一週間でWebデザイナー]

marginとpaddingを勉強中のパソコン

6日目はmarginとpaddingを使っていよいよサイトを完成させていきます。

本講座のまとめ

サイト制作
htmlを学ぶ人
macでプログラミング
cssの教科書
cssでコーディングする人

この記事の中身

  • marginとpaddingの説明
  • コーディングに入る前にhtmlへ追記
  • いよいよコンテンツ部分をコーディング

今日で大まかなコーディングは終了いたします。

marginとpaddingの説明

1. marginとは

marginとは要素の外側の余白のことです。何かテキストやコンテンツがあってその周りに余白を開けたい時に使いましょう。

↓の画像を見てみてください。

これは本サイトのサイドバーですが、h4の”最近の投稿”を表示しています。上にはすぐ検索バーがあって下には”[5日目]flexboxを使ってコーディング”の見出しがありますますね。

今から上の方に余白を作ってみましょう。

↑これは上方向にmarginをたくさんつけてみたものです。

h4 {
    margin: 150px 0 0 0;
}

cssで書くとこんな感じですね、数字が4つ入っていますが、左から順に上、右、下、左の余白を調整できるようになっています。時計回りですね。

この場合上に150px、左右と下は0pxですね。

paddingとは

paddingは要素の内側の余白を調整することができます。

marginは要素の外側、paddingは内側ということですね。

さっきと同じようにh4にpaddingを設定してみましょう。

h4 {
    padding: 150px 0 0 0;
}
paddingで上方向に10pxの余白

どうでしょうか。marginの時との違いがわかりましたか?
paddingは要素の内側なのでh4の見出しとその箱の間が広がりましたね。

それでは左にも余白を50pxつけたいときは以下のようにします。

h4 {
    padding: 150px 0 0 50px;
}
上に150px、左に50pxのpadding

marginとpaddingの違いはだいたいわかったでしょうか?

3. marginとpaddingの表記の仕方

h4 {
    margin: 150px 30px;
}

↑のコードのように二つしか数値を指定しなかった場合は、上下150px、左右30pxとなります。

h4 {
    margin: 150px;
}

↑のコードだと、上下左右全てに150pxですね。

h4 {
    margin-top: 150px;
    margin-right: 20px;
    margin-left: 5px;
    margin-bottom: 40px;
}

↑のように個別に指定することも可能です。

覚えなくても良いですが知っておきましょう。

コーディングに入る前にhtmlへ追記

現在みなさんは↓のhtmlを持っていると思います。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>サイト名</title>
    <link rel='stylesheet' type='text/css' href='reset.css'>
    <link rel='stylesheet' type='text/css' href='design.css'>
  </head>
  <body>
   <header>
     <div class="headerBar">
        <div class="headerIn">
          <h1>Web Company Work</h1>
          <nav>
             <ul>
	       <li><a href="">ABOUT</a></li>
	       <li><a href="">WORKS</a></li>
	       <li><a href="">CONTACT</a></li>
             </ul>
           </nav>
        </div>
     </div>
   </header>
   <div class="contents">
      <div class="left">
        <div class="pages">
          <img src="" alt="画像の説明が入ります。">
          <h2>タイトル</h2>
          <p>pagesの文章がここに入ります。適当にいれてみてください。</p>
        </div>
      </div>
      <div class="right"></div>
    </div>
  </body>
</html>

今回コンテンツ部分をコーディングするにあたって動画に沿って少し変更してみましょう。

変更済みのソースは↓になります。必ず動画をみて自分で変更してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>サイト名</title>
    <link rel='stylesheet' type='text/css' href='reset.css'>
    <link rel='stylesheet' type='text/css' href='design.css'>
  </head>
  <body>
   <header>
     <div class="headerBar">
        <div class="headerIn">
          <h1>Web Company Work</h1>
          <nav>
             <ul>
      	       <li><a href="">ABOUT</a></li>
      	       <li><a href="">WORKS</a></li>
      	       <li><a href="">CONTACT</a></li>
             </ul>
           </nav>
        </div>
     </div>
   </header>
   <div class="contents">
      <div class="left">
        <div class="pages">
          <a href="">
            <img src="images/image01.jpg" alt="画像の説明が入ります。">
            <h2>Webデザイン楽しい</h2>
            <p>pagesの文章がここに入ります。適当にいれてみてください。Webデザインが楽しくて仕方がない。</p>
          </a>
        </div>
        <div class="pages">
          <a href="">
            <img src="images/image02.jpg" alt="画像の説明が入ります。">
            <h2>Webデザイン楽しい</h2>
            <p>pagesの文章がここに入ります。適当にいれてみてください。Webデザインが楽しくて仕方がない。</p>
          </a>
        </div>
        <div class="pages">
          <a href="">
            <img src="images/image03.jpg" alt="画像の説明が入ります。">
            <h2>Webデザイン楽しい</h2>
            <p>pagesの文章がここに入ります。適当にいれてみてください。Webデザインが楽しくて仕方がない。</p>
          </a>
        </div>
        <div class="pages">
          <a href="">
            <img src="images/image04.jpg" alt="画像の説明が入ります。">
            <h2>Webデザイン楽しい</h2>
            <p>pagesの文章がここに入ります。適当にいれてみてください。Webデザインが楽しくて仕方がない。</p>
          </a>
        </div>
      </div>
      <div class="right">
        <h2>プロフィール</h2>
        <p>Webデザイン楽しいやばい。本当にやばい。Webデザイン楽しいやばい。本当にやばい。Webデザイン楽しいやばい。本当にやばい。Webデザイン楽しいやばい。本当にやばい。</p>
      </div>
    </div>
  </body>
</html>

いよいよコンテンツ部分をコーディング

まとめ

いかがだったでしょうか。今回で当初企画していたデザインは全て終了いたしました。

次回はドメインの取り方、レンタルサーバーの選び方、ファイルのアップロードの仕方を学習します。明日が終われば晴れて駆け出しWebデザイナーの誕生ですね!

Webデザインをする人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。