一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

まだ一人でノマドしてるの?[やらない方がいい理由4つ]

一人で退屈しているノマドワーカー
クラゲ
二人でノマドやったらめっちゃ捗ったのでシェア。

僕は今まで一人でノマド生活をしてきましたが、最近二人で友達とノマド生活をし出してからめちゃくちゃ生活がよくなったので、一人でノマドをやるデメリットが浮き彫りになってきました。

この記事の中身

  • 一人でノマドするデメリット4選
  • 二人でノマドをしたら作業が捗った話

一人でノマドするデメリット4選

1. カフェで席を離れられない

個人的に一番大きなデメリットなのですが、カフェで長時間作業していたらトイレに行きたくなることってありますよね。

だけど、一人だったらパソコンとかバッグを置いてトイレに行くこともできないから、いちいち荷物をまとめなければなりません。

パソコン、マウス、イヤフォン、外付けHDDとか色々バックパックになおして、トイレに行かないといけないのはすごく面倒ですし、トイレから帰ってきても自分の席が残っている保証もありません。

席が空いていなかったらまた他のカフェを探さないといけないなど、面倒ごとだらけです。

一人じゃなかったら、一緒に作業をしている人に荷物を見ていてもらったり場所をとって置いてもらうことも可能です。

個人的にこれが一番一人でノマドをするデメリットですね。

2. モチベーションにムラがある

朝ちょっと眠たくて寝坊してしまったり、気分的に外に出るのが億劫だったり、そんな時にもノマド民は自分を制御しなければなりません。

自分で自分をコントロールするのは思ったより大変です。

会社などで勤める人はプレッシャーはありますが、程よい緊張感の中仕事ができるというのは大きなメリットともとれるでしょう。

誰かとノマドで作業をする場合はこれと似たような効果があります。特に上司のような人間はいませんが、横で真剣に作業をしている友達がいると僕も頑張ってやろうという気になるものです。

3. 情報の共有ができない

ノマドをやっている人の多くは、Webデザイナー、プログラマー、ブロガー、翻訳業が多いのではないでしょうか。その中でもWebデザイナーは個人的に多いと感じています。

一人でずっと作業をしていると、自分の知っている範囲内でしか仕事ができず、新しいテクニックやスキルを磨きにくいです。

その点、誰かとノマドワークをしていると情報の共有や新しい知識を得ることができるので、大きな刺激になります。

何も、仕事だけの情報共有だけでなく、ノマド先の地域の情報やいいレストランなどの情報も共有することができるのでゲットできる情報の量が単純に増えます。

4. 楽しくない退屈になる

旅先でノマドワークをする場合、最初は新しい土地で刺激があって楽しいかもしれませんが、徐々に朝起きてカフェに行って働いて帰って寝るという単純なサイクルに飲み込まれてしまうので、やはり楽しくありません。

かと行って、バックパッカーなどで友達を作りすぎてしまうと毎回飲みに誘われたり、遊びに誘われたりでなかなか仕事に集中することができません。(僕がタイに来て一週間目はまさにこれでした。)

ノマド仲間がいるとその点、朝から夕方は仲間と黙々と働いて、夜は遊ぶみたいなことができますし、長時間働いていても時々コミュニケーションを取ることができます。

仕事の合間合間にもちょっと一息つけるという点でもノマド仲間はいた方がいいと思います。

二人でノマドをしたら作業が捗った話

ここからは僕のリアルなエピソードなんですが、僕がノマド目的でバンコクに来た時、一週間仕事のできそうなバックパッカーに泊まりました。

綺麗で空調の効いた共有スペースがあったので、そこで一人で作業をしていたんですけど、共有スペースなのでやはり他の宿泊客がよく遊びにくるんですね。

それで頻繁にゲームに誘われたり、飲みに誘われたりすることが多くてなかなか仕事がはかどりませんでした。

Noと強く言える性格だと問題ないかもしれませんが、僕が結構誘惑に弱いタイプなので誘われたら乗ってしまうのも原因だとは思います。

今度バックパッカーを移って今度は昼間はエアコンを切られるようなバックパッカーに移ったのですが、そこで日本人バックパッカーと出会いました。

彼もノマドワーク的なことをしたかったらしく、二人でカフェを探して朝10時ぐらいから夕方6時ぐらいまで働き始めたのですが、これがかなり大正解でしたね。

理由は上で言ったことがほとんどです。まとめると

  • カフェでトイレに気兼ねなく行けること
  • モチベーションを保ちやすいこと
  • 情報の共有ができること
  • コミュニケーションが取れて楽しいこと

ですね。

他のバックパッカーと喋ったり遊んだりするのも楽しかったのですが、やはりある程度目的が似ている人と一緒にいる方が充実度が高いと感じました。

結論: 旅先でノマド仲間を見つけると良い

旅の道中を全て一緒に行くのは大変だと思うので旅先でいいノマドワーカーと出会ったら一緒に仕事するのはかなりありかなと感じました。

普通のバックパッカーだとやはり観光がメインなので一緒に行動してもやはりついていけない場合が多いんですね。

それでは良いノマドライフを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。