一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

[Flutter]zsh: command not found:flutterのエラーの解決法[Mac]

flutterのプログラミング
クラゲ
MacをアップデートしたらFlutterが動かなくなった。。。

こういった方を対象に話を進めていきます。

この記事の中身

  • [Flutter]zsh: command not found:flutterのエラーの解決法[Mac]

[Flutter]zsh: command not found:flutterのエラーの解決法[Mac]

おそらくこの記事を読んでいる人はMacをCatalinaにアップデートした後、ターミナルからFlutterを起動できなくなった人だと思います。

いつも通り、ターミナルで”flutter run”などコマンドすると

“zsh: command not found:flutter”

とエラーが表示されてしまうのではないでしょうか?

そんなときはとりあえずPathを変えてあげましょう。

まずは「ターミナル」を開いて黒い画面の上に

“zsh”と表示されていることを確認します。

次に”vim ~/.zshrc”と入力しましょう。

Enterを押すと次の画面に飛ぶかと思います。

その後キーボードの”i”を押します。

次に下のコマンドをコピペしましょう。

export PATH="$PATH:[PATH_TO_FLUTTER_GIT_DIRECTORY]/flutter/bin"

次に[PATH_TO_FLUTTER_GIT_DIRECTORY]の部分を自分のflutterフォルダまでのパスに変更します。

export PATH="$PATH:$HOME/development/tools/flutter/bin"

自分のフォルダの構成だと上の感じです。

$HOMEが自分のホームのパスですね。みんなそれぞれ名前などが設定されていると思います。ここはそのまま$HOMEと書けばOKです。

その後、僕の場合developmentの中のtoolsというフォルダにflutterを入れていたのでそこまでのパスを記述しました。

次にesc(エスケープキー)を押しましょう。

次に:wq!と入力してエンターを押せば完成です。

呪文のようですが、間違えないようにそのまま入力すればokです。

それができたら

一度ターミナルのウィンドウを消して、ターミナルを再起動しましょう。

“flutter –version”と入力してうまくヴァージョンが表示されたら確認が取れたということになります。

あとはエディタも再起動すれば問題なくflutterを起動できるはずですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。