一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

タスマニアでファームの仕事をゲットする方法!

タスマニアのファーム

みなさん、ファームの仕事で一番良いと呼ばれるフルーツは何かしっていますか!

チェリーです!!!

何を隠そう私もそのチェリーを目当てでタスマニアに上陸しました。
体力勝負のファームジョブの中でも比較的簡単かつ給料もいいので多くの人がチェリーの仕事を探しています。

しかし、僕はセカンドビザの日数が欲しかっただけなので、ストロベリーピッキングを選択しました。

なぜなら!!

チェリーピッキングは1、2週間しかピッキングシーズンがなかったからです!

つまりシーズンが終わってしまうと後からまた他の仕事を探さなければならないので結構大変です。仕事を探している最中も家賃や食費はかかるので、結局のところチェリーの後の仕事を見つけることができればいい仕事と言えるでしょう。

僕はタスマニアの南にあるホバート(Hobert)という州都でファームを探してから北にあるデボンポート(Devonport)というところに移動しました。

結論をいうと、ホバートでは仕事は見つからずデボンポートで仕事を見つけました。

ホバートは綺麗な街でしたが、中心部にはファームの仕事を斡旋してくれるバックパッカーがなく、おまけに結構寒かったので、僕はデボンポートに移動して正解だったと思います。

デボンポートはメルボルンと距離が近く、ファームの仕事が終わった後に都会に出たい場合はフェリーで行くこともできます。街は小さいですが、一通りのものは揃っているので生活する上で困ることはないでしょう。

ここではデボンポートでファームジョブをする際の仕事の探し方を紹介します!

Native英語のアプリの画像

ネイティブのニュアンスを掴める英会話アプリ作ってみた[Native英語]

ワーキングホステルに泊まる

おそらくオーストラリアでファームジョブを探す際に一番ポピュラーなやり方ではないでしょうか。ファームジョブを斡旋してくれる宿に泊まるといういみですね!

Tasman backpacker

おそらくデボンポートで一番大きなワーキングホステルで多い時は100人近い人が泊まっています。僕はオーストラリアでいろんなホステルに泊まりましたが一番良かったホステルがこのタスマンバックパッカーです。

詳しくはコチラの記事を参照してください。

僕は11月の頭ぐらいにこのホステルに泊まりに行きましたが、実際仕事があったのは12月の頭ぐらいになります。この年はシーズンがとても遅れていて本来ならば11月中に仕事があるようです。バックパッカーに予約をする前に一度ホームページからメールを送って仕事の状況を問い合わせてみることを強くおすすめします。

車を持っていない人でも、車を持っている人と相乗りもしくは、バックパッカーのバスで働きに行くのでそんなに心配しなくてもいいでしょう。

エージェンシーに応募する

エージェンシーとはいわゆる職を案内してくれる場所です。

COSTA(コスタ)と呼ばれるエージェンシーにも申し込みをしてみましょう。
毎年大量の人が応募するので、いつ仕事をもらえるかはわかりませんが、オーストラリア有数の大きなエージェンシーなのでシーズンが始まれば仕事をもらえる可能性がグッと高まるでしょう。ちなみに僕はCOSTAからストロベリーの仕事をもらいました。有名なエージェンシーなのでセカンドのビザカウントも完璧にもらえます!

僕がいた時の仕事はストロベリーピッキングとブルーベリーピッキングです。僕はストロベリーを選びましたが、トロリーを使って人が立った時に腰あたりにストロベリーがくるように調整されていたので腰をかがめることがなく大変楽にとれました。お金はあまりよくありませんでしたが楽に日数を稼ぐことができます。

ブルーベリーピッキングもそんなに大変な仕事では無いようでしたね、一つ言えることはストロベリーはあまり美味しくなく、ブルーベリーはとても美味しかったのでブルーベリー畑で働いていた人たちが羨ましかったです。

ともかく、オーストラリア全体に言えることですがスタッフがとてもめんどくさがりやで適当です。日本のクオリティは期待しないでおきましょう。
一度申し込んでも連絡はないと考えておいてください、一週間に一度ぐらいのペースで何度もエージェンシーに通いつめましょう。なんどもスタッフに本当に仕事が欲しいということをアピールすることでやっと仕事をゲットできる場合があります。日本のサービスがあって当然、しっかりしていて当然の考え方は捨てましょう。

車で探す

一番地道でシンプルな方法ではありますが可能性はあります。
実際この方法で何人も仕事を見つけてきていました。
ひたすら車で宿泊している地域を走り回って、農場らしきものを発見してそこに直接仕事がないか聞く方法ですね。大変ですけどオーストラリアの広大さを良い意味でも悪い意味でも実感できます。
エージェンシーの所でも同じことを言いましたが、ファーマーを見つけたら何度もアプライをしに行きましょう。行くタイミングによってたまたま人を募集していたりとか、スタッフが違って対応が違う場合もあります。
その際レジュメを持っていくのを忘れずに!

まとめ

ファームの仕事を探す上で一番大切なのは情報です!
情報はどこから来るのかと言えば人から伝わってきます。
なので一番大切なのは人との繋がりです。オーストラリア生活全てに言えることですが人を大切にして積極的にコミュニケーションを取っていたら大概のことはクリアできると思います。
あと英語が苦手な日本人より、英語が堪能なヨーロッパの人の方が情報を持っていたりします。日本人とだけ関わるより、色々な国の人と友達になることでより広く情報を手に入れることができます。

なによりその方がオーストラリア生活をエンジョイできると思うので怖がらず異文化交流を楽しめれば良い仕事にも楽しい旅行も両立できるかと思います。
楽しいファーム生活を!!

3 件のコメント

  • コメント失礼します。記事、大変参考になりました。
    これからタスマニアでのファームを考えており、ホバートに渡航予定です。そこからデボンポートへの移動もするかもしれないのですが、参考までにホバートからデボンポートへの移動手段をうかがってもいいですか?
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    アバター
    はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。