一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

ネイティブのニュアンスを掴める英会話アプリ作ってみた[Native英語]

Native英語のアプリの画像
英語学習者
本当に使える英会話を勉強できる使いやすいアプリとかないかなぁ。。

※アプリを公開しました!iPhoneのみですが”Native英語”で検索してみてください。

僕がまさしくこんな感じだったので自分でアプリを作ってみました。

この記事の中身

  • Native英語の特徴
  • このアプリができるきっかけ
  • おすすめの使い方

Native英語のかんたんな説明

Native英語はネイティブスピーカーが文章を考えて、音声を録音した会話フレーズ集です。それを瞬間英作文のようにチェックしながら学習できるので、英会話を効率的に早く学ぶことができます。

瞬間英作文とは 簡単な日本語文を瞬間的に英語に直す、英会話に効果的な勉強法です。

多くの教材はフレーズのみを紹介しており会話の流れが入っていませんが、このアプリは会話単位で収録しているので、流れとともに使い方や表現を学ぶことができます。

使い方もシンプルで↓のように3ステップで学ぶことができます。


↑まずはシチュエーションに合わせてコースを選択

↑その中に会話が入っているので一番からGO!

  • 文字をタップすると音声再生
  • スワイプすると次のセリフへ
  • 下のスイッチで日本語・英語の表示切り替え

という風になっております。

直感的でシンプルなデザインなのですぐにでも使い始めて、学習に没頭できます。

このアプリの特徴

1. ネイティブが実際に使う表現を習得

このアプリには教科書のようにかっちりとした英語が書かれているのではなく、実際にネイティブの人が使う表現が入っています。

ネイティブスピーカーと話したことがある人はわかるかもしれませんが、文法に沿ったきっちりとした文章だけで話す人はまずいません。

ところどころ、言い方を省略していたり相槌が入ったり、スラングが入ったり、、

しかし、多くの英会話テキストやアプリではそう言ったナチュラルな表現を省いて作られていることが多いと思います。

このアプリではそこも含めて英会話学習として考えられています。

2. フレーズだけでなく会話の流れも学習

A “Where are you going?”

B “I’m going shopping.”

上の例で終わるような会話はなかなかありませんよね。

その前後には文脈があるはずなんです。一つのフレーズを学習するだけではなく、一つの会話のまとまりからたくさんのフレーズを学習する方が、実際に使いやすい英語が学べますし、使いどころもわかります。

3. ネイティブの音声で発音やイントネーションもチェック

このアプリではネイティブスピーカーが実際に喋った声が録音されています。

彼らは必要以上にゆっくりはっきり喋りません。彼らが普通に喋る速度で録音されています。

ゆっくりした音声の方が聞き取りやすいという気もわかりますが、ゆっくりはっきり喋る音とナチュラルな音は大きく違います

それならはじめからナチュラルな音で覚えた方が効率よく覚えることができます。

4. 使いやすさに特化

このアプリはめちゃくちゃシンプルです。コースを選んで文章ページに飛ぶだけ、あとは音声を再生したり、言語の表示を切り替えたりするだけです。

個人的に学習にはシンプルさが必要だと思っています。僕も英会話を勉強するために山ほどアプリをダウンロードしましたが、結局残ったのはシンプルなアプリばかりでした。

ゲーム機能が付いていたり、アニメーションに凝っていたり、分析機能がたくさん付いていたりするものもありますが、英語学習以外のことを考えなくていいアプリが一番使いやすいという結論に行き着きました。

そのため広告もアカウント登録も長い説明とかも全部無しです。

そのため最速で始められて最速で広告にも邪魔されず学ぶことができます。

5. シチュエーション別で選択

「何気ないシチュエーション、ばったり友達と会った時、パブで友達を待っている時そんなよくあるシチュエーションでどんな会話をネイティブの人はするのだろうか。」

僕はオーストラリアでワーキングホリデーをしていたとき自分の喋っていた英語が正しいのかいつも気になっていました。「こんな時ネイティブだったらどうい言うんだろう。。」そういう風に考えていました。

このアプリではいろんなシチュエーションに合わせてナチュラルな英語、言い回しを学ぶことができます。

6. ナチュラルだけどかんたんな英語

Native英語に収録されている英語はとってもナチュラルです。ですが、難しい英語もつかいません。僕はリスニングを勉強しようと思って教材を探したことがありましたが、その時に使った教材には難しい表現がいっぱいでてきました。

日常会話ですら、うまく聞き取れないので難しい単語や表現がでてきたらもうお手上げです。

なのでこのアプリでも中学生レベルの英単語と文法で理解できるレベルの文章を収録しています。

海外旅行や友達と喋るための英語なら大概このレベルで十分ですし、そんなに難しい話はしません。

このアプリができるきっかけ

僕は2年間オーストラリアへワーキングホリデーに行きましたが最初は全く喋ることができませんでした。行く前に半年ほど英会話を独学しましたが、実際にオーストラリへ行くと聞き取れないし、全然喋れなくて大変苦労しました。

なんとか少しでも英会話を上達させようと、時間のある時に単語帳を端から覚えてみたり、良いアプリをひたすら探してみたりしていました。

そんな中で気づいたことがあったのです。

英単語帳や文法書でみたことは、実践では役に立った実感がなかったですが、外国人の会話の中に入ってわからないなりに必死に話を追いかけたり、時々質問されて必死に答えたりしていると少し英語が上達した気がしたのです。

そこで僕が覚えた表現は、テキストにのっている英文ではなく、周りの人がよく使う表現です。それが耳に残ってモノマネをするようになりました。

モノマネの引き出しが増えるにつれて僕は少しずつ上達していっていたのです。

教科書のような英会話フレーズはそのフレーズを紹介した時にしか目にしないので頭になかなか定着しません。しかし、同じようなフレーズが形を変えてなんども会話に出てくるようになるとだんだん頭に定着していきます。

そういったことを学習できるアプリをワーホリ中に探していましたが、なかなか見つけることができませんでした。なのでワーホリが終わる2ヶ月前あたりからアプリを作る決心をしたのです。

正直に言うと、英会話習得の一番の近道は海外で住んで、ネイティブの英語環境に身を置いて24時間英語を学ぶことです。

これができる人はこのアプリはいらないかと思います。

しかし、多くの人はそうでないので、そういった人たちに向けて、海外で住んで英語を学ぶ体験をこのアプリで実現できないかと考えております。

それに今回は学習方法としては一番効果の高かった瞬間英作文のように学習できるようにアプリをデザインしています。

おすすめの使い方

1. まずは英語と日本語をみながら学習

最初は会話の内容を理解して英語を読んでいきましょう。しっかり頭に入るまで繰り返すとよいです。読む時は音声を流してその音声のように頭で読むようにしましょう。(音読でも可)

2. 日本語をみながら英語で発音

今度はスイッチで日本語のみ表示にして英語で言ってみましょう。スラスラでてくるようになるまで繰り返すと良いです。

3. なんども音声をマネしてなじませる

英語でスラスラ言えるようになったら音声のマネをしてみましょう。発音に気をつけることはもちろん、イントネーションや感情の付け方を学ぶと使える英語になります。

4. 完璧になったら次のコースへ

一つのコースが完璧にできたら今度は次のコースへ進みましょう。

5. 自分で言い方を変えてみる

ある程度アプリの内容を勉強したら、頭に残っているフレーズや言い回しをそのまま使うのではなく少し変化させてつかってみましょう。

その時、ネイティブのように気持ちやイントネーションをつけて発音するともうそれはあなたの言葉です。

まとめ

以上がこのアプリ「Native英語」の説明でした。

もし利用してくれるユーザーが増えたらどんどんコースを追加していく予定です。買い切りですがどんどんボリュームが増えていくのでお得だと思います。

コースを増やしたりアップデートしたりするとそのヴォリュームに沿って値上げしていくかもしれないので安い時に買っておくことをおすすめします。

それではいい英語学習を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。