一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

僕が発音を綺麗にするまでにやったこと[英会話]

発音練習をする人

僕がオーストラリアで2年間滞在をして実際に何回も発音に関しては海外で褒められましたので、その勉強法について記事を書いていきたいと思います。

基本的に英語習得の道は果てしないです。年単位でみて少し上達したとか上達しなかったとかだいぶ気を長く持たなければなりません。

しかし、英語の発音に関してはそうではないとは思います。

発音の勉強は一週間あればできる

本当に完璧でネイティブスピーカーが聞いても、完璧な発音にするのは難しいと思います。僕もできません。

ですけど、日本語のアクセントをほぼ無くして、綺麗な英語発音にすることは可能です。

そのためには、一つ一つの発音の仕方を理解して、それを意識的に発音できるようになればよいのです。

僕が実際にやった勉強法

1. フォニックス発音トレーニング

フォニックスの英語学習本

有名どころですが、オーストラリアにいく前にこれをやっただけです。

それ以外に特別な発音練習はやっておりません。なのでこれが一番大切な練習法です。

ですが、一週間このトレーニングを真剣に取り組みました。

内容としては、b, p, c, o, uなどの子音の発音、ch, sh, oi, arなど組み合わさった単語の発音の解説です。

漠然と発音方法を学ぶだけでなく、英語の表記に基づいて発音を学ぶので初めてみた単語でもだいたい発音がわかるようになってきます。

これいくつあるか数えてみましたが、98通りあります。

1日に14個発音を学習すれ一週間でおわります。

一つ一つの発音はすぐに勉強できるので1日14個もそんなに難しくありません。

しかも超簡単な発音がほとんどなので、あっという間に終わると思います。

ただ、簡単だと思っても飛ばさずに練習してください。頭では理解していてもそれが英会話の中で使えるようになるには多少なりとも練習が必要だからです。

アプリで勉強する

今の時代に本でついてくるCDで練習するのは大変面倒臭いです。

その点アプリならタップしただけで、音声が再生されたりするので大変便利です。

僕が使っていたのは

Real英会話です。

これは英語でよく使うフレーズをネイティブが読み上げてくれるので、大変参考になります。

発音が完璧なる上短い文章で構成されているので、発音練習にはぴったりでした。

InstantReply

こちらも日本語をみて即座に英語に訳す練習ができるアプリです。

Real英会話より基礎的な文章を練習できるので初心者はまずこちらをするとよいでしょう。

生の声が録音されているので、こちらも発音練習にもってこいです。

個人的に英語学習アプリは機械音声のものを利用しない方がよいと思います。

Youtubeで練習する

僕がハマって全部みていたのがAbroad in Japanというチャンネルです。

この動画めっちゃ面白いです

クリスというイギリスの方が日本にきてからの体験を語っているチャンネルなのですが、彼のユーモアとビデオ編集がめちゃくちゃおもしろいです。

紹介しているのも日本のことなので、興味を持って見ることができます。僕も知らない日本の面白い場所なんかもいっぱい紹介されていてとても楽しめます。

彼が喋るのはイギリス英語ですが、発音とリスニングの練習になるので毎日みていました。

そもそもビデオが面白いので、勉強というより趣味の延長線上でみてしまいます。

Youtubeで投稿されているので、字幕も日本語と英語で選べますし、ちょっと巻き戻したり、早回しにするのも簡単です。

なのでクリスが言ったことを真似して言ってみたりしていました。

これも僕の発音練習に大いに役立ったと思います。

HelloTalkで発音練習

HelloTalkとは海外の人と言語交換ができるアプリです。

チャット相手にボイスメッセージを送ることができるのですがこれがなかなか秀逸です。

発音練習も一人で毎日やるのは大変だと思います。なのでフォニックスで一通り覚えた後は実際に相手にボイスメッセージを送ってみましょう。

HelloTalkの素晴らしいところは、ボイスメッセージを送る前に自分の声を確認できるところです。

ちょっと長い英文だと、途中で詰まってしまったり、噛んでしまってそれが送信されたら恥ずかしいですよね。

HelloTalkなら自分で音声を確認できますし、削除することもできます。なので発音練習にはぴったりということです。

↓ここで録音

↓ここで録音を確認その右のアイコンで削除

発音練習もやはり相手にわかってもらうためにするべきです。

なので相手が聞き取りやすいようにLとRをはっきり区別したり、正確に丁寧に発音したりすることが重要です。

なにごとも気遣いが大切ですね。

まとめ

以上が僕がオーストラリアにいくまで、そしてその後も続けた発音練習でした。完璧は求めなくても大丈夫です。でも、一週間で一通り学べるのなら先に学んでおきましょう。

絶対に後悔することはありません。むしろしてよかったと思うでしょう。

とりあえずフォニックスを一週間でやってしまいましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。