一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

一番安くて楽しいオーストラリアワーホリスケジュール

楽しいスケジュールをたてる人々

どうもこんにちはクラゲです。

今回は僕のイチオシのオーストラリアワーホリで一番安くて楽しいワーホリプランを紹介しようと思います。

僕はこの通りにワーホリを進めましたが、本当に安くて楽しかったと思います!

こんな人にオススメ

  • 自分の英語力が不安、でも英語を上達させたい
  • セカンドビザを取ってみたい
  • たくさん貯金したい
  • オーストラリアを旅したい

これから言うプランなら上記の全てを達成できます。

オーストラリアワーキングホリデーのおすすめの過ごし方

僕がよくみてきたワーホリ組の流れとしましては

  1. どこかの街の語学学校へ行く
  2. その後どこかファームを探しに友達と旅立つ
  3. ファームで働いてセカンドビザをゲットする
  4. 車でロードトリップまたは旅行
  5. メルボルンやシドニーで働きだす

という形が本当に多いような気がします。
そしてこれは全く問題ないし、とてもいいプランだと思います。

しかし、個人的なイチオシはこのプランです!

  1. いきなりファームを探しに行く(ある程度ファームのありそうな地域に目をつけておく)
  2. セカンドビザの88日の間にロードトリップや旅行をしてしまう!
  3. メルボルンやシドニーなど行きたかった街に行く!

この三つです超シンプル!!

オーストラリアで過ごせる期間は基本的に2年間です。
1年間の人もいるでしょう。長いようで短いのでなるべくコンパクトにやりたいことをいっぱいするのがいいと思います。

それではなぜこのプランがいいのか一つずつ解説していきましょう!

1. いきなりファームを探しに行く

多くの人は最初に語学学校に行くのではないでしょうか?
大抵はみんな英語力に自信がないか喋れないので不安に思って語学学校に行くと思います。もちろんそれは良いことで僕も最初はそう考えていました。

でも、僕の場合は十分な予算がなくて語学学校に行くことができなかったので、初めからタスマニアのファームを探しに行くというなかなか厳しい道を選びました。

ちなみに僕の英語力はほぼ0、”How are you?”ときかれて答え方がわからなかったレベルです。( ちなみにThank you Thank youと答えていました 笑 ) もちろん渡航経験も0、もっと言うと一人暮らし経験も0でした。

そんな中で発見したことは、

以外と英語力がなくてもなんとかなる。

ということです。友達もできるし、ファームも探せます。
これは僕の中では大きな発見でした。

では語学学校にいかなくても良いのか?

結論を言うと行かなくても良いです。その代わり自分より英語のできる人と友達になって生活してください。相手がネイティブスピーカーである必要はありません。(というか最初からネイティブスピーカーはハードルが高いと思います。)

どうすればそんな友達ができるのか?

バックパッカーに泊まりましょう。一番いいのは仕事を紹介してくれるワーキングホステルです。

タスマニアのバックパッカー

英会話の上達で一番大切なのは色々な人と海外の人と話すことです。
相手の言ってることがわからなくても必死に聞いて、
何か聞かれた時に必死になって何か答えようとすると上達します。

常にそう言った環境に身を置ければ語学学校に行く必要はないと思います。
語学学校を否定してるわけではないですけど、そこで払う大金を使うべきではないと考えています。

2. セカンドビザの88日の間にロードトリップや旅行をしてしまう

多くの場合はファームジョブでがっつり働いて日数が終わった後に旅行やロードトリップをするケースが多いと思います。それももちろん良いのですが、今回は少し違う考え方を紹介したいと思います。

そもそもファームジョブは作物によって、シーズンがあります。なので、シーズンが終われば働きたくても働けないのです。シーズンが終わった後はそこで待つか近場で他に働ける場所に移動することになります。

移動するなら思いきって自分のいきたい所にいくと良いです。

つまりファームのある場所は都市ではなく田舎にあります。そして自然が綺麗なのもやはり田舎なのです。なのでファームの仕事で田舎に行く用事があるうちにそう言った有名な観光地や自然の豊かなところを回るべきでしょう。

こうすることで、旅行やロードトリップするお金と時間をファームを探す時間とお金で補うことができます。

3. メルボルンやシドニーなど行きたかった街に行く!

先に書いたような1、2の流れの中で街に行くと、ファームを終えた時点である程度の英語力と資金とビザの残り時間をもって街に行くことができます。
その上でカフェで働いたり、バーテンダーを目指したり、音楽をしてみたり、いろんなことができると思います。はたまた、ファーム生活が楽しすぎて、ファームに帰るかもしれません。

まとめ このオーストラリアおすすめプランを使うと

  • 英語学校に行く費用や旅行移動費を節約できる
  • 英語学校に行っている時間や旅行に行く時間を節約できる
  • 街で使うレベルの英会話力が手っ取り早く身に付く

というメリットがあります。
もちろんほとんどの人はいきなり語学学校なしにファームを探しに行くことが不安だとは思いますが間違いなく問題ないと僕は思います。

個人的にオーストラリアワーホリを成功させる秘訣は
少しの勇気少しの努力です。

これさえあれば、エージェンシーに頼らなくても海外生活を乗り越えることができるでしょう。

以上がオーストラリアワーホリでのおすすめプランです!
今からワーホリに行く人、またはワーホリにって間もない人は一度試してみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。