一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

タイで絶対飲むべき現地のウイスキー

タイのウイスキー
クラゲ
とりあえずタイの友達にローカルの人が飲むウイスキーをおしえてもらったので紹介していきます。

タイの友達と会ってきました

この黒い服きてる人

西オーストラリアのバックパッカーで住んでいた頃、彼はそこで受付をしていました。めちゃくちゃいいやつです。

僕は現時点ではまだタイ三日目であんまりわかっていませんが、The タイ人って感じでおもしろいやつです。

とりあえず夜に飲みに行くことになって、カオサンロードへ向かいました。

普通に店に入ってビールを飲んでもよかったのですが、彼がタイにきたなら一回はトライしておかないといけないウイスキーがあると力説していたので早速トライしてみました。

その名もLao Khao Thai Whiskey

見た目からだとビールっぽく見えましたが、実はウイスキー。普通にコンビニで売ってます。(レジの後ろにありました。)

だいたい100バーツ(350円ぐらい)

香りはウイスキーにアルコール臭をプラスした感じです。度数もやっぱり40度はあるのでそのまま飲むのはかなりきついです。

味はウイスキーというより焼酎の方が近く感じましたね。

ちなみに蓋はビールの栓と同じなのであけたら閉めれません。

ちなみに二人で半分飲むのでいっぱいいっぱいでした。

飲み方はお茶割りで

タイの友人は一緒にペットボトルのお茶も買っていました。僕は日本語で緑茶とかかれた物を買いましたが、烏龍茶にお砂糖を入れたみたいな味でしたね。

タイでは甘い飲み物が好かれるようです。

とりあえずペットボトルの7割ぐらいを飲んで、その上からLao Khao Thai Whiskeyを満タンまで入れました。

いうまでもないですがめちゃめちゃ強いです。

砂糖のお茶と割ったのは結局正解だったと思います。

タイでのお酒の飲み方

これもこの友人に聞いたのですが、基本的にタイは外で歩きながらお酒を飲んで全く問題ありません。

日本でもビールとか飲みながら歩いても大丈夫ですよね。

しかし、ウィスキーの瓶を一本飲みながら歩くとよろしくないようです。やはりアルコール度数が高いお酒なので周りから不審な目でみられるようですね。

日本でも焼酎のデカい瓶を飲みながら歩いていたらドン引きしますよね。そういうことです。

なので僕らはLao Khao Thai Whiskeyをペットボトルに入れて持ち歩きました。

これなら、街中でも飲めますし、お店でも食べ物と一緒にも飲むことができます。

以上!タイで絶対にに飲むべき現地のウイスキーの紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。