一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

ハンモックのあるシェアハウスに住みませんか?(アーバンテラス南浦和)

ハンモックのあるデッキ
Nan
リビングを出るとハンモックがあるというゆったりとした物件アーバンテラス南浦和をレビューしていきます。

過去にバックパッカーやらシェアハウスで40程の物件に住んだ経験をもとにじっくりシェアハウスをレビューしていきます。

ハンモックのあるアーバンテラス南浦和

ラウンジを出るとそこにはハンモックがある、、

そんなのどかで優雅な「アーバンテラス南浦和」のラウンジ周りを今日は紹介していこうと思います。

全体的に明るい木目調に統一されており、とても暖かい雰囲気のある内装になっております。

席も50席ほどあり、どの時間帯にラウンジへ来てもゆったり過ごすことができます。

照明も暖色で眩しすぎず暗すぎずで丁度いいですね。

左側には長テーブルがあります。こちらはパーティーやみんなで食事をする時に便利そうですね。

今はコロナで人があまり集まれないのが残念ではありますが、、

家具の雰囲気が統一されているのが素敵!

入って右側にはテレビとソファがありよく住民がそこでお話ししております。

ソファも座り心地がよくこのシェアハウスの中では一番人が集まる場所なのではないでしょうか?

ちなみに後ろの方にみえているのがハンモックですね。

ボードゲームやテレビゲームもあるようで、ゲーム好きの人には良いかと思います。

ゲームも誰かの私物のようですが、フリーに使えるということで、ボードゲームなども持ち込んで色々置いておくのも良いかもしれませんね。

角部屋ごとに食べ物用のボックスが用意されているのでいちいち調味料などを取りに行く必要もありません。大変使いやすいですね。

冷蔵庫に入れなくても良い食材などもこちらにおけるのでめちゃくちゃ便利です。

ここらへんアーバンテラスさんはしっかりしているなぁと感じます。

個人的にこの光景を見るだけでも幸せになるのですが。

全体的に窓が大きいので外の天気が良いときはとても解放的な空間になります。

お隣とは塀があるのでお互いプライバシーは守られているのでご心配なく。

ラウンジからでると日当たりの良い場所にテーブルがあります。

下もウッドデッキになっていてなにやらどこかの別荘に来たようです。

後ろにはハンモックもあるので暖かくなるとここでゆっくりするのもよいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか。内装や広さ、席数をとってもゆったり使えるラウンジだったかと思います。

個人的には、他のシェアハウスとは違い、暖かくて開放的な雰囲気が最高ですね。

今は冬ですが、暖かくなってくると朝日があるところで外で朝食とか憧れませんか?

コロナで外出しづらい時期が続きますが、家の中でも外でゆっくりできる場所があると助かりますね。

アーバンテラス南浦和は家賃もリーズナブル (~54,000円から!!

アーバンテラス南浦和は54,000円/月から入居することができます!

これだけ環境がいいところで、この値段はすごくリーズナブルだと思います!

敷金60,000円礼金30,000円
管理費6,000円水光熱費11,000円(消費税込み)
敷金礼金に関してはこんな感じ

しかも今ならキャンペーンで以下の割引があります!! 2022年3月15日までらしいのでお早めに!

【敷金】 通常 6万円→キャンペーン適応 3.3万円!
【礼金】 通常 3万円→キャンペーン適応 1.5万円!

アーバンテラスのキャンペーンに関してはまた今後まとめたいと思います!

今なら友達紹介キャンペーンで5,000円ゲットできる!!

アーバンテラスに入居の際にこのブログeigotrip.comを見たと伝えると

なんと5,000円ゲットできちゃいます。

5,000円あれば引っ越し料金の半額ぐらい負担できちゃうのではないでしょうか?

お得なので是非忘れずに伝えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。