一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

リモートワークに最適なシェアハウス[アーバンテラス藤が丘]

アーバンテラス藤が丘のテーブル
Nan
今回はアーバンテラス藤が丘がリモートワークに最適だったのでレビューをしていきたいと思います。

3年ほどリモートワークを続けていたので、その経験を元にレビューをしていきます。

リモートワークに最適なシェアハウス[アーバンテラス藤が丘]

アーバンテラス藤が丘のテーブル画像

最近はコロナも影響もあってリモートワークをされる方が増えたのではないでしょうか?

こちらアーバンテラス藤が丘でもリモートで作業をされる方が多いようです。

毎日ラウンジには3~4人がリモートで働いております。

ラウンジは昼間はいつもとっても静かです。

仕事に集中したい人にもぴったりかと思います!

仕事ができそうな席も約40席ほどあり座席に困ることもありません。

何よりありがたいのがこれ↑

これなんだかわかりますか?

そうコンセントです!

リモートワークに電源は欠かせません。

いちいち部屋に帰って充電したり、机から離れた場所にパソコンを放置しなければならないとめちゃくちゃ面倒ですよね。

アーバンテラス藤が丘ではコンセントが至る所にあります。

いちいち延長ケーブルを持ってきたり、満充電してからパソコンやスマホを持ってくる必要もないのです。

カフェのようなテーブル

壁側にはカフェやおしゃれな図書館であるような作業席が設けられています。

一人で集中して作業したい時にはうってつけかもしれませんね。

ちなみにこちらにも全てコンセントがついているので抜かりがありません。

Wifiの速度

リモートワークをされる方はやはりインターネットの速度が気になりますよね。

せっかくおしゃれで綺麗な環境でもwifiが遅すぎると仕事になりません。

アーバンテラス藤が丘のラウンジのwifiの速度は30Mbps以上あるので

通常の使い方をする分には全く問題ないかと思います。

僕も毎日ここのwifiを使っていますが全く問題は感じません。

リモートワーカーにもおすすめできるシェアハウス

結論

アーバンテラス藤が丘はリモートワーカーにもオススメできます!

毎日カフェに行って作業すると

1ヶ月20日働いたとして コーヒー代金 400円 × 20日 = 8000円もかかりますよね。

おまけにトイレに行こうとして荷物が心配になったり、雨の日、風の日にいちいち外に出るのが億劫になってしまいます。

そう考えると

家に高級カフェエリアがついていると考えるとめちゃくちゃお得な物件だと思います。

リモートワーカーの方は是非一度検討してみてください。

アーバンテラス藤が丘全体のレビュー記事はこちら

アーバンテラス藤が丘は家賃もリーズナブル (~35,000円から!!

家賃も今ならキャンペーンで部屋によっては35,000円/月から入居することができます!

通常でも~45,000円のようですね。

これだけ環境がいいところで、この値段はすごくリーズナブルだと思います!

敷金60,000円礼金30,000円
管理費6,000円水光熱費11,000円(消費税込み)
敷金礼金に関してはこんな感じ

しかも今ならキャンペーンで以下の割引があります!! 2022年3月15日までらしいのでお早めに!

【敷金】 通常 6万円→キャンペーン適応 3.3万円!
【礼金】 通常 3万円→キャンペーン適応 1.5万円!

アーバンテラスのキャンペーンに関してはまた今後まとめたいと思います!

今なら友達紹介キャンペーンで5,000円ゲットできる!!

アーバンテラスに入居の際にこのブログeigotrip.comを見たと伝えると

なんと5,000円ゲットできちゃいます。

5,000円あれば引っ越し料金の半額ぐらい負担できちゃうのではないでしょうか?

お得なので是非忘れずに伝えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。