一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

英語ができるようになってわかったメリット6つ[人生がマジで変わった]

英語
クラゲ
英語できたら良いとは聞くけど具体的に何がいいの?

こういった方を対象に話を進めていきます。

英語を始め出して三年目ですが、やっと英語を使うことに対してストレスがなくなったと思います。もちろんまだまだわからないことはありますが、不自由は感じないレベルです。

英語を学び始めではわからない、英語がある程度使える様になった今、僕が感じる英語を使えるメリットをまとめてみたいと思います。

この記事の中身

  • 英語ができるようになってわかったメリット6つ[人生がマジで変わった]
  • 英語を学ぶ時は日常会話からはじめよう

英語ができるようになってわかったメリット6つ[人生がマジで変わった]

1. 海外に住むという選択肢が増える

色々な国

英語を話せれば、多くの国に住むことができます。

なぜなら公用語が英語だからですね。

英語がストレスなく話せれば、ほとんど国では大きな不自由なく暮らせます。

日本の社会が辛い・合わないと思った時にも海外に居場所を探すことができますね。

2. 外国人の恋人ができる

恋人

日本の中で恋人を探せば、ほとんど日本人限定で恋人を探すことになります。

例えば、

  • なかなか好きな人ができない
  • 純粋にモテない
  • 恋愛をする気になれない

といった人は外国人を恋愛の視野に入れることで、選択肢が大きく増えます。

といっても多くの外国人は日本語を喋らないのでやはり英語を学ぶ必要が出てきますね。

英語に問題なければ、日本で恋愛をする感じで海外でも恋愛をすることができます。

ちなみにですが、海外でモテる顔は日本でモテる顔とは大きく異なります。

よくハンサムな外国人があんまりいけてない日本の女の子と一緒にいると言われますが、日本人男性も同じで、日本でモテなさそうな人が外国人女性にモテるケースも何度も見てきました。

国が変われば、美的センスも変わります。

日本であまりモテないと感じている方は海外に行くのも一つの手ですね。

3. 英語コンテンツを楽しめる

コンテンツ

世界でほとんどのコンテンツというのは英語で発信されています。

日本のTV、YouTuber、芸人、本、色々あると思いますが、

英語コンテンツの量はもっとたくさんあります。

純粋に英語ができると、今楽しんでいる情報の倍以上の情報をGETすることができます。

これって凄いと思いませんか?

アニメや漫画は逆に日本語じゃないと情報をGETできないので、それは日本語を使う大きなメリットかもしれません。

4. 学習スピードが上がる

僕は現在、プログラマーがメインの仕事なのですが、英語ができると勉強の効率が大きくUPします。

特にIT関係はそうですが、他のジャンル、音楽、料理、芸術、、

多くのことが英語メインで発信されています。

多くの人が英語で発信しているので、情報もかなり淘汰されています。

なので、最新で良質な情報を英語を使うことで学びやすくなります。

僕はUdemyという動画学習サイトをよく使いますが、ほとんどが英語の動画です。

これのおかげで僕はプログラマーになれたと言っても過言ではありません。

Udemyとは オンラインで勉強できる学習動画サイトです。有料ですが内容がやばいほど濃いです。是非セールの時に動画を買いましょう。

5. 仕事の幅が広がる

カバン

現在僕は、日本からの仕事とは別に海外からの仕事も請け負っています。

フリーランスとして、様々な国から仕事を請けたり、色々な国会社に務めることもできますね。

自分のしたいジャンルの仕事で、日本が一番良いかどうかはわかりません。

例えば芸術だとやはりヨーロッパ、ITだとアメリカやカナダが結構強いなど色々ありますね。

自分のやりたいことに合わせて、国を選んで仕事を探すというのも良いかもしれません。

そんなときとりあえず英語ができれば、働ける国は大きく増えます。

英語は自分のキャリアを選択する時にも役立つということです。

6. 新しい自分を見つけられる

最後のポイントですが、個人的にはこれが一番大きなメリットなような気がします。

僕は日本も日本語も好きですが、日本で初対面で人に会う時になかなか友達になりにくかったり、少し距離を感じたりすることがありました。

なぜなら、日本では年齢によって敬語をつける付けないという文化がありますね。

その点で僕は時々日本での人間関係が窮屈に感じることがありました。

英語を学んでから気がついたことは、英語を話すとめちゃくちゃ気が楽だということです。

もちろんネイティブではないので、日本語の様に満足には喋れません。

しかしそれも気にならないぐらい、気が楽なのです。

なので今では英語で会話する方が僕は好きですね。

これは個人差が大きいと思うので、全ての人には当てはまらないとは思いますが、僕には一番ぐらい大きなメリットでした。

英語を学ぶ時は日常会話からはじめよう

会話

日本の教育で読む・書くに重点が置かれているかと思います。

しかし、大事なことは英語を話すことです。

英語が話せれば、英語を読むときも直感的に理解することができます。

高校時代にやった、古文書を解読するような面倒臭いことはしなくてよくなるのです。

なので僕がおすすめするのはまず、日常のシンプルな英会話を習得するというところです。

ナチュラルな英会話を学ぶのに最適なアプリを過去の記事で紹介しています。

Native英語のアプリの画像

ネイティブのニュアンスを掴める英会話アプリ作ってみた[Native英語]

ほかにも英語を学ぶコツも過去記事で紹介しているので是非見てみてください。

英語を喋れるようになった人

[体験談]僕が英語を話せるまでにやった方法11個[完全まとめ]

それでは良い英語ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。