一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

ジョージアまでの格安フライトチケットで出国できなくなった話[正しい行き方]

乗り換えで拒否された人
乗り換えで拒否された人

この記事の中身

  • 格安チケットを買ったら途中で出国できなくなったこと
  • ジョージアからの出国チケットを買って解決
  • 格安チケットはトランジットに気をつけて

格安チケットを買ったら途中で出国できなくなったこと

以前こういったTweetをしました。

今回、日本からジョージアへの格安航空券を買ったらスリランカの乗り換えで止められてしまいました。

使ったのはkiwi.comで複数の航空会社を経由してチケットを予約することができます。

今回の僕の旅路は

日本(関西空港)→タイ→スリランカ(ここで止められた)→ドバイ→ジョージア

です。(合計片道で5万円ほど)

タイからスリランカに入るまでは順調だったのですが、その後からが大変でした。

スリランカから出国できない!

いつも通りスリランカでチェックインを済ませようとすると、スタッフがなにやら渋い顔をして「あなたをチェックインさせることはできません。」とのこと、、

話を聞くと、どうやらジョージアに片道で入国させることができないということでスタッフからは日本行きのチケットを取るように勧められました。

いつジョージアから出るかもわからないし、ジョージアの後にそのまま日本に帰る気もさらさらなかったので、適当にキャンセルで返金が効くチケットを予約しようと思いましたがさっぱり見つからず(あったら教えてください。)

結局、空港の責任者を呼んでじっくり話を聞いてもらいました。

日本帰りのチケットを買うのだけは避けたかったので、他の国へのチケットを買ってなんとかならないか説得してみました。

最初はしぶしぶだったのですが、熱心に説明すると一応OKとの返事がもらえました。

ちなみに航空会社はAir Arabiaです。

Air Arabiaを使ってジョージアに片道入国する場合はほぼ問題が起こるとおもって良いかと思います。

ジョージアからの出国チケットを買って解決

僕の解決策としては、ジョージアの後に西のヨーロッパを旅行する予定だったので、とりあえずドイツ行きのチケットを入手。

チケット購入画面を見せてやっとチェックインできました!!!(めっちゃ疲れた)

とりあえず2ヶ月後のフライトチケットを購入しておきました。だいたい1万円ぐらいでジョージアからドイツまでいけるやつなのでかなりお買い得かなと。。

本当はジョージアに入国してから、他の国への航空券を買おうと思っていましたが、この乗り換え問題のおかげで早めに航空券を買えたのでちょっと安くすんだかなと思っております。

格安チケットはトランジットに気をつけて

以前、タイへ行った時は片道で行けたので、ジョージアもいけると思いましたがどうやら行けない様子。

国によって片道もしくは往復チケットが必要なようなので事前に情報を集めておきましょう。

今回の件はたまたま、乗り換え時間が5時間ぐらいたっぷりあったので、ドイツ行きのチケットもアイデアが浮かびましたし、スタッフとゆっくり話せました。

これがもし時間がなくて、どうしても日本帰りのチケットを買わなければならないとかならゾッとしますね正直。後でチケットキャンセルとかも面倒くさそうだし、お金がかなりかかってしまいます。

片道チケットで出国できない時おすすめの方法

ズバリ!!

  • 近場で行きたい国のチケットを予約してしまう
  • 全額返金ができる航空券をゲットして後でキャンセル

個人的にはジョージアなどあまりネットでも情報が多くない国に行く時はあらかじめチケットを取って置く方法がオススメです。

僕のケースでは

  • 英語でコミュニケーションが十分に取れた
  • 乗り換え時間が十分にあった
  • wifiが利用できた

この条件が揃っていました、これが一つでもかけているとうまく乗り継ぎできていなかったか大損していたでしょう。

空港によってはうまくwifiが繋がらなくて話にならないということもあります。(スリランカのwifiはかなり遅くてあせりました。)

※英語を勉強しておくとどこに行っても安心です。↓


News!!
2年間のワーホリ経験を経て作られた!英会話学習が爆速になるアプリ。

Native英語のアプリの画像

ネイティブのニュアンスを掴める英会話アプリ作ってみた[Native英語]

それではみなさま格安航空券でトラブルがありませんように!良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アバター
はじめまして。クラゲと申します。 英語力0初海外から初めて、一人でタスマニアへ到着 孤立無援の赤ちゃん状態から、2年の間にfacebookで海外の友人400人以上作り、メルボルンでバリスタ、日本語教師、バンドで収入を得るところまでいったので、その時に学んだTipsなどを共有していきます。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。