一週間でWebデザイナーになれる無料講座[完結]

オーストラリアワーホリで車を買うことをオススメしない5つの理由

故障した車の画像

ここでは日本でもオーストラリアでも免許なしの僕が、2年間でロードトリップ、100日以上ファームで働いた体験を元になぜ車がいらないのかを解説していきます。

オーストラリアと言えば車でロードトリップ。ファームで仕事。車がなければ話にならないと思っている人も多いのではないでしょうか?

なぜオーストラリアで車がいらないのか

とりあえず、オーストラリアで車を持つメリット・デメリットをまとめていきましょう。

車を持つメリット4つ

赤い車

1. 自分の行きたい場所にいつでもいける

いつでも、好きな時間にスーパーにも行けますし、ロードトリップも好きにできます。ファーム仕事を探すのも行きたい時にいけます。これは車をもつ最大のメリットではないでしょうか?

2. ファームの仕事をする時に運転費を取ることができる

ファームの仕事を始めると車に何人か乗せて毎朝仕事にいくことでしょう。その時同乗者は運転手にお金を払わなければなりません。そのお金は収入となります。

3. 最悪車に泊まったりもできる

たとえばバックパッカーで同居人のいびきがうるさすぎて眠れない方など(実際にいました。)は駐車場に泊めてある車に眠りに行くことができます。

4. 好きな車を買える

車好きな人はこれが一番大きいかもしれません。自分の好きな車で異国を旅行するのはいいかもしれませんね。

車を持つデメリット4つ

速い車

1. 車を買う費用が高い

オーストラリアは基本的に物価が高いです。それにしたがって車も高いです。なので資金にだいぶ余裕がある人以外は車を買うと金欠になってしまいます。

2. 頻繁に車が故障する、修理費が高額

オーストラリアで走る距離は日本でいる時の比ではありません。べらぼうに広く、ロードトリップする際は道が悪いこともあります。

僕はワーホリ中に車の故障トラブルを嫌になる程聞きました。買うとしたら中古車になると思うので、トラブルはあるものと思ってください。

僕とロードトリップしていたフランス人女性は、僕と離れたあと車のトラブルがあったらしく日本車を使用していて、部品が手に入らないからとても高額な修理費が必要で大変だったと言っていました。

その時、同乗者もだれも費用を助けてくれないと嘆いていたのを覚えています。

3. 車目当てで人が寄ってくる

スーパーから遠いバックパッカーに住んでいる人などは、みんなが車を貸してくれや一緒に乗せてくれと言ってきます。

韓国人の友達が車を持っていたのですが、ある日イタリア人に車を貸したらゴミだらけで返ってきたと起こっていました。

そのほかにも、マクドナルドに行きたいから一緒に行こうやら、スーパーで買い物したいからちょっと待ってくれだの色々注文が多くなってきます。

僕だったら一人一人断ったりお金をもらうのも疲れるなぁと思ってしまいます。

4. 売却しないといけない

当然ですがそのままオーストラリアに永住しない限り車は売り払わなければなりません、買うのも手間がかかりますが、売るのも手間がかかります。

Gumtreeで売ることがほとんどだと思いますが、車の状態もチェックして写真もとって応募者からの対応もしないといけません。

買うのも売るのもそこそこ手間がかかるのでそこそこ大変です。

5. ガソリン代が高くつく

ロードトリップをしたい場合は一人ではするべきではありません。トラブルが起こった際に大変なのと、ガソリン代がめちゃくちゃ高額になります。

僕はメルボルンから西オーストラリアまで12日間かけてロードトリップしましたが4人乗りで一人$200ほどかかりました。一人だったら$800かかります。

なので、結局はみんなで行動しなければなりません。

ちょっとスーパーに行くだけでも、ガソリンは使うし、それをいちいち請求するのもめんどくさいと思うので持ち主は気を使いますね。

6. スピード違反や駐禁を切られたりする

オーストラリアのあらゆる所には速度チェックのカメラがあります。それに気づかずスピード違反をしてしまった人を何人もしっています。あとでそれらの請求はくるのでかなり気をつけなければなりません。最低でも$100越えです。

お店に行こうと思って店の前に少し停めただけでも駐禁をきられます。日本の標識とは違うので停めていい場所行けない場所がわかりにくいのも問題かもしれません。

メリット・デメリットを比較して

自分の車でどこでも好きな時に好きなところへ行くというのは魅力的に見えるかもしれませんが、現実は他の人と予定を合わせなければならなかったり、足に使われたりすることがあります。

何より一番大きなのはトラブルです。車の修理費は基本的に持ち主が負担します。その時乗り合わせた人が負担してくれることはあまりないでしょう。

修理費はかなり高くつきますので、車を持つということは大きなリスクを持つということになります。

まとめ

車が大好きでこだわりがある人や、自分の車でロードトリップするというのが目的の人は車を購入すべきでしょう。

しかし、そうでないのに必要だからという理由で車を買おうと思っている人は少し考えてみてください。

自分で車を持っていなくてもファーム仕事もどこかに行くのも簡単にできます。車を持つと便利ですが、それ以上にリスクを抱えるということを意識しておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Nan
はじめまして。Nanと申します。 2016年より英語力0の状態で単身オーストラリアに行きました。 オーストラリア2年間の生活である程度の英語力やバリスタのスキル・世界中に友達を作って帰国。 その後、フリーランスのWebデザイナーとして仕事を初めて、 約一年少し海外でノマド生活をしていました。 タイ(1ヶ月)-ジョージア(2ヶ月)-ドイツ(1ヶ月)- イギリス(8ヶ月ロックダウン中)-フランス(1ヶ月)-イタリア(1ヶ月) と言った感じです。 その間、アプリのプログラミング(Flutter)を勉強し始め、帰国後に仕事を取れるようになりました。 ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、アプリデベロッパー、ミュージシャン、バリスタ、日本語教師、ブロガーとして収入を得て細々と暮らしています。 器用貧乏もここまで極めると悪くはないのではないかと思ってきた今日この頃。